本文へ移動

塗仏壇ギャラリー

オリジナル六角厨子 電動二重扉 

大きな幅広の屋根が特徴のお厨子です。

屋根は斗組で支えられ、その下には欄間があり、電動扉の内厨子には梨地に錺金具が施されています。

創作六角厨子

電動六角厨子の場合、電動扉が内折式になるのが多いのですが、こちらはスライド式で機械自体も特注です。

内扉は唐戸で彫を施してあります。

特に注目していただきたいのが、須弥壇も六角になって龍が巻き付いているようなデザインになっております。
須弥壇の高欄も朱で仕上げ、こちらは下台も蓮台になって火灯窓風になっています

宮殿型春日厨子 電動二重扉

宮殿(くうでん)型ですが、こちらは本来の宮殿ではなく天晴のオリジナルの型になります。本山の客殿のお厨子タイプになります。
屋根下の垂木や斗組(ますぐみ)は豪華で華やかさを一際演出します。
ご本尊様の寸法・仏間の寸法にあわせて製作いたします。

春日厨子 電動

こちらは今まであった春日厨子を電動で扉を開閉できるように製作いたしました。

もっともベーシックなお厨子ですが、オプションで屋根の下に欄間を取り付けたり、幕板を彫に変更したりということも可能です。 

もちろん手動のタイプもございます。

唐破風付き春日厨子

従来製作していた春日厨子に唐破風を付けてみました。
面も朱で塗り錺金具をブロンズメッキで仕上げました。
渋い中にも荘厳さを感じるお厨子です。
 
 

木瓜厨子 手動

屋根、下框の隅がくびれているのが特徴、このくびれがないものは丸厨子と呼ばれます。
この厨子も作れる職人さんが少なくなってきました。

電動六角厨子厨子

どちらかというと六壺のお厨子のように屋根下に斗組を配したお厨子です。

斗組の裏板にはプラチナ箔を施してあります。

面を朱で塗り、錺金具をブロンズメッキで仕上げてあります。

 

春日厨子 欅

こちらもオリジナルの春日厨子を漆塗でなく欅で作った物になります。摺漆という透明の漆で仕上げるような風合いで塗装してあります。こちらの金具もブロンズメッキで仕上げております。

黒塗りとはまた違う重厚感を感じます。

 

創作 春日厨子

こちらはご要望により外の扉がありません。

所属のお寺のお厨子に似たものでオリジナリティが出せるように製作いたしました。特にこだわったのが須弥壇や幕板の彫です。

いつも唐草に宝相華という彫が一般的におおいのですが、須弥壇には波の彫、幕板には雲をあしらった逸品です。

創作 箱型仏壇

箱の中に御影堂のような雰囲気で作ってほしいとのご依頼で製作したものです。

手前の幕板で隠れていますが、内側にも唐破風を付け凰の彫が入っています。

彫は御影堂のように極彩色にしてあります。

木瓜厨子

木瓜厨子のセットです。

塗り、 箔、 錺金具をすべて一流の職人に作らせた物になります。

天平型厨子

天平型厨子と名付けたこの厨子は屋根には擬宝珠、屋根の四隅にワラビをつけたことが大きな特徴で塗りも黒とウルミに仕上げています。

柱になる部分を黒で塗りその他はウルミで仕上げています。また厨子台は日本最古の厨子、玉虫厨子の厨子台を彷彿させます。

いつもなら大きめの五具足をつけるのですが、小ぶりな五具足の方が似合うような気がします。

 

白檀塗り六角厨子 

扉や幕板、ノタリがオレンジに輝いているのは、金箔の上から漆を塗る白檀塗りという技法のせいです。

通常なら金箔で仕上げるのですが、金箔は同じところを触り続けると箔が擦れてきますがそういった事もなく、お手入れもできます。

一見するとちょっと珍しい色に戸惑うかもしれませんが、非常に贅沢な工法なのです。

春日厨子

いつもの春日厨子をより一層豪華にしたものがこの厨子です。

屋根下の欄間には砂まきの緑青の波板、 胴下の欄間には各狭間に白檀塗り、 通常太い框なのですが枠を付けノタリそして小足、 更に小足の裏板には白檀塗りとこだわった造りとなっております。

株式会社天晴・富士宮店
静岡県富士宮市上条479-1
TEL.0544-58-5996
FAX.0544-58-5997
日蓮正宗信徒用仏壇・仏具専門店
 
TOPへ戻る